ポンコツ人生珍道中

趣味興味関心のコードシェア人間による旅の備忘録 サークル竹芝浦桟橋の最新情報は各種アカウントリンク"Twitter"よりトップツイートをご確認ください。

JR:土合に行こう

上越線に今まで18きっぷで関東と新潟の移動でたびたび利用してましたが高崎~越後湯沢の一部では上越国境といわれるエリアで下車したことがないと思い出発です。
イメージ 1その前に、ちょっと寄り道です。せっかく上越線を行くなら看板列車をできるだけ撮影しつつと思い時間の関係で最初は宮原へ
宮原カーブでもいいのですがなんとなくで上からスワローあかぎ号を撮影
元々常磐線のスーパーひたち号、常磐線沿線の自分にとってはひたち号のイメージが強いです。
イメージ 2
撮影後は熊谷経由で高崎へ今回は18きっぷではなく通常の山手線内=土合の往復切符なので気軽に新幹線を使えます。
E2系も引退が近いので混む前に乗れる機会を作っておきます。E4も引退秒読みなので早めに乗ったり撮影しないとですね。
イメージ 3
高崎から普通に乗り換えますが水上より先に行く接続列車の関係で井野で下車して適当に撮れそうな場所で適当に211系撮影です。
元々115系ばっかりの高崎支社でしたが211系オンリーにすっかり変わりましたね。個人的には211系好きなので嬉しいですけどね(笑)
イメージ 4
水上で乗り換えて土合に到着です。ひんやりしてます。
イメージ 5
地上に出るためには階段地獄が待ってます。登山シーズンでは登山家達のウォーミングアップとしても知られています。
ちなみに下り(高崎→越後湯沢)のみ階段で上り(越後湯沢→高崎)は普通の駅です。谷川岳を越える関係でちょっと変わった構造なのと強烈な階段地獄で有名な駅土合に挑みます。
上の写真の看板のある坂道は元々日本最長のエスカレーターができる予定だったらしいですが地下水が溢れかえっているので完成してたらしてたで故障が多かったんだろうなと勝手な想像をして出発です。
イメージ 6
階段の途中にはセーブポイントもありますが……絶対に休むと上りたくなくなるオチが見えてるので進みます(笑)
流れている地下水の音を楽しみながら登るのも悪くないかもしれません。
イメージ 7
後ろを振り返ると吸い込まれそうな景色が広がっています。
水が流れる音がトンネル内を響いております。本当に静かですね。
イメージ 8
そして無事に最後の階段を上り到着です。
イメージ 9
水上の駅を出るまでなかった雪が広がっておりここが群馬と新潟の県境がすぐそばであることを物語ります。
戻りの電車は90分後のため周辺の山を散策して水上温泉に宿泊です。
多くの18キッパー(青春18きっぷで旅行をする人)の乗換駅の水上駅ですが降りて泊まるのも楽しいですね。
一人旅での旅館利用も初めてでしたが意外といらっしゃるみたいですね。

翌日は水上温泉をチェックアウトまで堪能して出発です。
途中で上信電鉄に初めて乗りつつ家路に向かいます。
イメージ 10
高崎からはこの子です。651系で運行の特急|草津です。
高崎・上越線系統の特急は自分が小さいころ草津・あかぎ・水上が185系で運行でしたが気づけば水上は季節限定、車両も651系になってましたね。
水上号乗ってみたかったなぁ~HMの谷川岳の絵が一番好きでした。
イメージ 11
昔、651系で松戸→仙台をスーパーひたち7号で乗ったのを思い出しつつ上野駅低いホームに到着です。
乗り心地はあの頃と変わらなかったーー